応用

 レーザー核融合研究は高出力レーザーや高精度燃料ペレットの製作、高空間・時間分解の爆縮計測、そして高度な計算機シミュレーションなどに支えられています。これらの技術や研究からはレーザー核融合はもとより先進のレーザー技術、新光学デバイス、高速度写真技術、X線光学、レーザープラズマ応用など幅広い研究成果が生み出され、常に時代の先導役となっています。

適用の進むレーザー技術

 レーザーの発明以来、加工への応用は様々な分野へ広がり、いまやレーザーなしでは携帯電話も作れない時代となりました。微細加工、医療応用はもとより、レーザーにより大気中に電導路を生成すると雷の誘導(誘雷)も可能です。

レーザープラズマX線

 高輝度X線応用は新しい分野として急速な広がりを見せています。高出力レーザーを用いることにより発生したレーザープラズマX線やX線レーザーはリソグラフ光源や物質解析などへの応用が期待されています。

宇宙応用

 高輝度X線応用は新しい分野として急速な広がりを見せています。高出力レーザーを用いることにより発生したレーザープラズマX線やX線レーザーはリソグラフ光源や物質解析などへの応用が期待されています。

基礎科学

 高出力レーザーが生成する高エネルギー密度プラズマ研究はX線放射や流体運動などと密接に関連しており、天文学における様々な問題の解決の糸口をあたえると期待されています。また、こうした研究はレーザー核融合のような複雑流体現象を記述するための統合コード開発にも不可欠です。

 

Copyright (C)2011 IFE Forum. All Right Reserved.