現状と展望

研究の現状

 大阪大学レーザー核融合研究センターの出力10キロジュールのガラスレーザー「激光XII号」により、燃料温度1億度、燃料密度120g/cc (液体水素の600倍の密度)の圧縮が世界に先駆け実現されました。これを受け、米国やフランスでは出力1.8メガジュール*のレーザー装置を建設して、核融合点火・燃焼を実証しようとする計画(米:国立点火施設(NIF) 、仏:レーザーメガジュール(LMJ) )が進められています。将来のレーザー核融合動力炉には現在開発中の高効率・高繰り返しのダイオード励起固体レーザーが用いられることでしょう。

(*メガジュール:百万ジュール)

 

日本、アメリカ、EUの核融合炉

LIFT(日本)

LIFE(USA)

HiPER(EU)

Copyright (C)2011 IFE Forum. All Right Reserved.