事業概要


研究開発および調査事業

 平成10年度からプロジェクト・研究チーム制を導入し、レーザーの基礎研究から精密計測や物質処理等の応用研究まで、 幅広い分野にわたり多彩な研究開発活動を進めています。これらの活動を通じ、レーザーが持つ限りない可能性を追求し、 基礎技術の確立や応用技術の開発を行っています。また、皆様方からのご依頼に応じ、 レーザーの基礎から応用にわたる幅広い分野について、調査研究や受託研究活動も行っています。

情報の収集および提供

 レーザーとその応用に関連した内外の文献や学術情報を幅広く収集するとともに、大学、関連機関、 企業等への提供を行っています。最新の学術情報を揃えたレーザー・ライブラリーとして情報を一般公開しており、 レーザー技術に携わる多くの研究者のサポート役を担っています。 また広く一般からの光科学における相談や質問に対応しています。

セミナーおよびシンポジウムの開催

 研究成果の報告と、最新情報の普及を目的として、内外の一線で活躍する研究者を集めてセミナーやシンポジウムを開催しています。 各分野の第一線でご活躍されている方々のご出席により、活発な意見交換が行われ、 レーザー技術の発展に寄与しています。それとともに研究成果報告書等の刊行を通して技術情報の普及につとめています。

人材の養成

 レーザー技術は医用、エネルギー開発、光通信等あらゆる分野への応用が期待されています。 当研究所では、こうした未来を見据え、今後さらに重要となるレーザー技術者と研究者等の人材を養成するため、 派遣研究員の受け入れを行っています。大学、関連機関、企業等から研究員を募り、豊富な知識と経験を持つ当研究所のスタッフが研究指導を行い、 すぐれた人材の養成を通じてレーザー技術の発展と応用をより一層推進したいと考えています。

関連団他との交流および国際交流の推進

 国内の大学、レーザー関連団体はもとより各国の関連研究機関との研究情報交流や共同研究等、 幅広い交流を通してすぐれた研究成果の応用や最先端技術の開発をめざしています。



沿革


1987年 4月設立準備室
1987年 5月設立発起人会開催
1987年 10月財団法人設立許可
1987年 11月財団設立総会開催 ・ 第1回理事会開催
1988年 3月総務 企画委員会設置 ・ 試験研究法人
1988年 11月レーザー技術調査委員会発足
1989年 4月第4研究部設置
1989年 7月技術企画委員会設置
1991年 10月第14回自由電子レーザー国際会議
第1回組織委員会、実行委員会開催
1992年 8月ICFフォーラムおよびレーザー核融合技術振興会設置
第14回自由電子レーザー国際会議 (FEL'92) 開催
1992年 11月創立5周年記念行事実施
1993年 4月自由電子レーザー研究会設置
1994年 11月極限光量子プロセス技術研究会設置 (~平成8年度)
1995年 4月第五研究部設置
1995年 11月総務企画委員会設置、第1回委員会開催
1997年 7月レーザー誘雷野外実験成功記者発表
1997年 10月創立10周年記念行事「シンポジウム」開催
1998年プロジェクト・チーム研究制導入
2002年 11月創立15周年記念行事「シンポジウム」開催
2006年レーザー技術開発室設置
2007年 11月創立20周年記念行事「シンポジウム」開催
2012年 4月公益財団法人 移行
2011年 7月創立25周年記念行事 「記念講演会」 開催