レーザー超音波探傷

 

レーザーを試験体表面に照射し、熱膨張を発生させると、内部に超音波を励起することができます。 試験体の内部に欠陥や材料疲労などが存在すると、超音波の伝播特性が変化し、それを検出することにより、試験体の健全性を評価することが可能です。

さらに、超音波の検出も、試験体表面にレーザーを当て反射光の周波数変調を観測することにより、非接触非破壊検査が実現できます。

 

私たちの技術に戻る